テニ厨

まったくのテニス無知な親が ウィンブルドンを夢見る我が子を ふわっと見つめる ゆるゆる育児日記

部活

536
この年代あるあるかもしれないが
本当にイップスで苦しんでいる人が見たら
不愉快極まりないことであろう
orz


イップス (yips) は、主にスポーツの動作に支障をきたし、突如自分の思い通りのプレー(動き)ができなくなる症状のことである。野球やゴルフ、テニス、ダーツなどのスポーツに多く見られる。学術的には局所性ジストニア職業性ジストニア)と同義で考えられ、神経疾患に分類されている。脳の構造変化が原因といわれ、同じ動作を過剰に繰り返すことによって発症し得ることが明らかになっている。>ウィキペディア(Wikipedia)より



本当に怪我したお話はこちら↓

529
ずうのテニスをカッコいいと言ってくれた彼。
きっと簡単そうにも見えたのだろうが、
何とも残念な話である。

部活で初めてのテニス。
そもそも続くかどうかもわからないのだから
最初は中古のラケット1本で充分と
母なら思ってしまうところだが、
私立に集うようなセレブは
そうではないらしい。

仮に母がどうしてもと懇願され、
8万円かけて一式揃えたのであれば
子供が早々に辞めたいと言っても
もう少し頑張ってみろと言うに違いない。

もちろんお金の問題ではなく
教育の問題のはずなのだが、
これが800円の投資だったら
母もしょーがないなぁで済ますだろうから
やはりこの差が
セレブと庶民の差なのではないだろうか。

ちなみに保護者会に行くと
地元の中学では
ダウンorモッズコート×スニーカー、
私立中学は
カシミアorツイードのコート×パンプス
がそれぞれ多い気がする。笑
※あくまで個人の感想です



ファン君のお話はこちら↓


528
女子ならまだしも、
ずうより年上の男子というのは
扱い方が特によくわからない。
今回はパパに頼んで本当に良かった。

先輩とはいえ、
ずうと一つしか変わらない子供である。
きっと初めての事態で、どうしたら良いのか
わからなくなっていたのだろう。
貸すこと、借りること、
返すこと、返してもらうこと。
お互いに学習できたなら
結果オーライである。
(๑•̀ㅂ•́)و✧



ナイスなパパはこちら↓


527
ずうが中学に入った時に買ったばかりの
大人用の折り畳み傘。
別段高級品というわけではないが
ずうも使っていない新品だった。

それを何のためらいもなく
困っている先輩に差し出したずうを
誇らしく、嬉しく思った母だったのだが
はて、待てど暮らせど返ってこない。
返してと言えないのか、
言っても返してくれないのか…?

大人だったら
「返ってこないつもりで貸す」
なんてこともままあるが、まだ中学生、
「親切にするとお互い良い気持ちになれるんだ」
と学んでほしいところである。
(;-ω-)ウーン



先輩たちはいい子ばかりだったはず↓

523
この時のずうの相方も
小さい頃からのテニス経験者であり
わりと息の合うコンビではあるようだが、
それにしてもこのスコアは尋常ではない。
きっと先輩たちは大会の出場権の他に
先輩としての意地やプライドを賭け
想像を絶するようなプレッシャーの中で
戦っていたのだろう。

明日は我が身だぞ、ずう。
|ω・`)ソォー


入学前に先輩を倒したこともありました↓

このページのトップヘ