テニ厨

まったくのテニス無知な親が ウィンブルドンを夢見る我が子を ふわっと見つめる ゆるゆる育児日記

試合

346
もっとガチガチな内容かと思ったけど
消化の悪いものでも少しなら食べてOKとか、
母的には「えっいいのー?」と思う事が
意外とあった。
もしかしたら12歳以下向けだからかも?


次は試合当日編に移ります。

カキカキ.....φ(ω )

345
これはS級エリートコーチであるYプロが
12歳以下の選手に向け、
一番聞きたい試合についての講義を
行った時の記録である。
14歳、16歳、18歳とカテゴリーが変われば
内容はもっとシビアになっていくのだろうが
いくつになっても
共通する部分はあると思うので
保存版として残しておきたいと思う。
カキカキ.....φ(๑╹ω╹๑ )


Yプロのお話はこちら↓


339
コースやショットだけ…つまり
「どう打てばカッコいいか」的な話なら
今までにもあった。
だが、相手の立ち位置や
その先の状況まで想定して話をするのは
これが初めてな気がする。

そして何気なく問いかけた瞬間に
ずうの口から自分の意見が
スラスラッと出てきたのにも驚いたが、
自信を持ってパパに反論する姿にも
大いに成長を感じた瞬間であった。

パパとしては
ずうとこういう話をじっくりできる日を
楽しみに待っていたのかもしれない。


てか、こういう意識を常に持てれば
色々違ってくるんだろーなー。。笑



テニス談義、我が家でパパの右に出る者はいなかった↓

337
年下相手にやりにくいのは観ててわかる。
そして自分も周りも「まさか」と思えば思うほど
ドツボにハマっていくのもよ〜くわかる。
でもみんな同じ、順番に
そういうプレッシャーの中で戦っていくのだから
ようやく取り戻したなけなしの自信を
こんなところで
小出しに消費しないでほしいものである。笑
(;^ω^)


昔は良かった…自信の貯金ができた頃↓

330
これは現実の物語。残念ながら
ずうが突如劇的に進化して見事3勝を果たし
感動の再出発!
…なんて事にはならないのである。
(グレードAで4-6なんて我が家的には快挙なのだが)

さて期限は8月いっぱい、残りあと一週間。
このまま約束通りテニスを辞めるのか、
 別のスクールで続けたいとごねてくるのか?
悶々としている中に入ってきたLINE。
こんな話コーチに相談していいものなのだろうか。
でも
このスクールにいるとやる気出ないみたいなんです
なんてとても言えない…( ̄▽ ̄;)笑


ずうなりに頑張った(笑)夏の試合シリーズはこちら↓




「夏の試合・其の一」の謎が解ける話↓
 

このページのトップヘ