テニ厨

まったくのテニス無知な親が ウィンブルドンを夢見る我が子を ふわっと見つめる ゆるゆる育児日記

親の悩み

442
出来杉先生(仮名)は
シングルハンドの強いジュニアを
知っているそうで、
3年間めいっぱい練習して
身体が大きくなったら
ずうもきっと強くなる、と
少しわくわくした様子で話してくださった。

スクールか部活か。
A校にいた頃のずうだったら
間違いなくスクールを辞めて
S中でテニスをしたいと
言ったことだろう。

頭をよぎることは多々あれど、
小学生でいられるのもあと少し。
今はとにかく
楽しくテニスができることを
大切にしたい母である。



前回(小5)の進路を思ふころ↓

S中に行くとほざいていたころ↓
 

432
「いいもの持ってるんだけどなぁ…」
続けてパパが言った。

手前味噌だがパパは分析力がすごい。
テニスに限らず、
昔からあらゆるスポーツに興味を示して
観戦し、選手を見、分析する。
そしてパパが「コイツは来るぞ」と言った
無名の選手たちは、かなりの高確率で
数年後大活躍しているのだ。

そんなわけで常々
母としては「えーまさか」と疑いつつも
パパの分析に少なからず信憑性を
感じざるを得ないのだが
我が子でも容赦ないこの分析結果。
同性の親だから?それともそーゆー性格?
ちなみにずうの持つ「いいもの」とやらも
母にはさっぱりわからない。

ついつい可愛さに負け、
目が曇りがちになってしまう母と対照的に
クリアな瞳で一刀両断するパパ。
我が家はある意味、それで
バランスが取れているのかもしれない。
|ω・`)


ずうの優先順位がわかるお話はこちら↓

興味を持つとどこまでも…なパパはこちら↓
 

422
勝ち負けはいいから、
最後までコートに立っていること。


…昔むかし、ずうがまだちっちゃくて
初めて試合に出るとかいってた頃に
言われたような、
なんとも懐かしいフレーズである。
そしてこれを聞いて母は、
彼は一から育てなおしてくれる気なのだと
気づいた。

このコーチは間違いなくもう一人の神、
母の望みとシンクロした瞬間である。 
•͙‧⁺o(⁎˃ᴗ˂⁎)o⁺‧•͙‧⁺. 


母による人格形成編はこちら↓
 

421
「どんどん公認大会に出てください」
と言われ続けてきたので
負け越していようが何だろうが
スキップという考えは微塵もなかった。

一瞬大胆とも思えた
井野コーチの提案、聞けば
あのS級カリスマコーチのお話とも
しっくり噛み合っており
実際、井野コーチのもとで
結果を出している子供たちが
目の前にごろごろいるのである。
ここは信じてついて行こうと決めた。
(*`・ω・)ゞ


母の心が折れた時はこちら↓




S級カリスマコーチのお話はこちら↓

407
エアガンには年齢制限があるので、
正確には
対象年齢10歳以上の電動ガンである。
 それでもずうの欲求を満たすには
十分なクオリティーであった。
しかし、それなりに危険な上に
このコロナ禍、残念ながら
室内でしか撃てる場所がない。
かと言って
家中BB弾だらけにされても困るし、
連射などすると、あっという間に
弾が無くなってしまうことから
 弾が飛び散らない"的"を作ろう
という運びとなった。
 
どんなくだらない事でも
本気で関わった事が成功すると
素直に嬉しいし
心地よい達成感が味わえる。
ずうもそんな気持ちを
味わってくれていたなら、
母的には
出来上がった"的"以上に大成功
と言えよう。
(o´艸`) 



同じおもちゃでも、これよりは
エアガンの方が賛成だなも(๑-ω-๑ )↓

 

このページのトップヘ