テニ厨

まったくのテニス無知な親が ウィンブルドンを夢見る我が子を ふわっと見つめる ゆるゆる育児日記

片手バックハンド

202
シングルならではの代償は多々あれど
今のレベルではまだ恩恵はないに等しい。
ただシングルハンドのお陰で
コーチ達に覚えてもらえたり
注目してもらえるのは
数少ない恩恵と言えそうである。

シングルの代償はこちら↓

197
片手のバックハンドは両手よりも
もっと打点を前にしないと打てない。
つまり
普通より早く、かなり下がる必要のある
速くて深いボールは
今のずうにとって良い打点に入る所から
難しいボールなのである。
ライジングショットなら
タイミングさえ合わせられれば
そこまで下がらなくても打ち返せる上に
「相手の時間を奪う」ことができ、
攻撃型・オールラウンダー気味
ずうのプレースタイルにピッタリである。

ちょっと意外だったのは
昔「もっと下がれ〜!」と言われても
なぜかコートの中で
無理矢理ボールを捌いていたずう、
ボールの上がりっ鼻を叩くのは
そんなに難しい事ではないらしい。
今になってこんな所で役立つとは。笑

ライジングの感覚を培っていた!?ずうはこちら↓ 

180
小学生で片手バックの
強い選手を見たのはこれが初めてだ。
ボコボコにされたのに
こんなにワクついた表情のずうに
母は一瞬戸惑ったのだが
考えてみれば
片手バックに関して
道標的な存在が身近にいないため
「片手バックは大人になれば強くなれる」
としか思えなかったのだろう。
この試合のおかげで
「片手バックは子供でもこんなに強くなれる」と
目から鱗、今まで少し諦めていた部分が
吹っ飛んだのかもしれない。
そして母もそれに似た光を感じたのである。
素晴らしいプレーを観せてくれたこの選手に
心から感謝すると共に
2年後のずうを楽しみにしよう。
.+゚.+゚. o(゚ー゚*o)(o*゚ー゚)o.+゚.+゚. 

134
シングル三羽がらす。
球出しで順番に打ってくる様子は
見ていて可愛かったのだが
結局また一羽に戻った。
ずうは一人、荒野を突き進む。
ガンバレーヾ(´д゚(´д゚*)ノ゙


二羽になった話はこちら↓



シングル三羽がらす誕生はこちら↓


131
シングルバックハンドが原因と
断定はできないが
 ダブルバックハンドに比べ
身体への負担が大きいのは
やはり否定しがたく、
ずうも他人事ではない。
しかもフェデラー自身が
「小さいうちの片手バックはオススメできない」
と言っていたそうな。Σ(lll゚д゚lll)マジカ!!
今の所ずうは肘や手首の不調を
訴えた事はないが、
常に不安材料である事に変わりはない。
ずうよ、早く大きくなれ…(。-´ェ`-)ハゥ


つきまとう影①(ノll゚Д゚llヽ)はこちら↓
 

シングルバック三羽がらすのお話はこちら↓

このページのトップヘ