テニ厨

まったくのテニス無知な親が ウィンブルドンを夢見る我が子を ふわっと見つめる ゆるゆる育児日記

海外遠征

まったくのテニス無知な親が
ウィンブルドンを夢見る我が子を
ふわっと見つめる
ゆるゆる育児日記

荷造り②【テニ厨/Game.266】

266
一ヶ月間に渡り、三ヶ国をめぐる旅である。
どの位の頻度で洗濯ができるのか、
各宿にアメニティグッズはあるのか等、
細かい事は行ってみなければわからない。
だが、ある程度揃えてあれば
多少の物は現地調達も可能というので
あれもこれも詰め込むのはやめた。

中でも一番悩んだのはラケバ。当初、
リュックタイプにラケットと貴重品を入れ
手荷物で持たせるつもりだったが
試合会場で移動する際、荷物がひとつに
まとめられる大きいものが良いと言われ、
急遽折り畳めるダッフルバッグに変更した。
これのおかげでスーツケースはパンパン。
幸い容量アップタイプを選んでいたので
帰りに荷物が増えてしまったら
それで何とかしてもらおう。(-人-)

お気に入りのダッフルバックはこちら↓

荷造り①【テニ厨/Game.265】

265
身体が小さいというのは
いちいち不都合が付いてまわる。
しかし最近のスーツケースというのは
とにかく軽くて驚いた。
我々が新婚旅行等に行った頃は
スーツケース自体が重く
そこに荷物を詰め込んだ暁には
引いて歩くのも難儀したものだ。
色とりどりのそれらを眺めながら
一人、浦島気分に浸っていた母である。
※母の年代については
精査しないでいただきたい。笑

最優先重要課題〈経過⑧〉【テニ厨/Game.264】

264
先生の野生の勘、いや
医師としての勘は確かだった。
これさえクリアできれば
あとは野となれ山となれ、
先生には本当に感謝しかない。
お守り代わりの薬を胸に
ずうはようやく
皆と同じスタートラインに
立つことができた。

最優先重要課題/今までの経過はこちら↓








努力は嘘をつかない【テニ厨/Game.256】

256
「今の自分MAXが果たして海外の選手に
どれだけ通用するか挑戦してこい」
というパパ。もちろん母も同意だが、
親の思いとは裏腹に
相変わらず夢見がちなずうは
「あっちへ行けば強くなれる(☆∀☆)v」
と思い違いしているようだorz

…まぁせめて行くまでの間、
日課として家でトスアップの練習をしよう
という事になった。
連続5回成功したらその日は終了。
翌日は連続6回、翌々日は7回…と
徐々に増やしていった。
すると実際にサーブを打つ際
今までかなり散らかっていたずうのトスが
まっすぐきれいに上がる事が増えてきた。
「努力は嘘をつかない」という事を
間違いなく体感できているはずだが、
パンドラの誘惑は一筋縄では行かないらしい。
┐(´д`)┌

パンドラの箱はこちら↓ 

感覚のズレ; ̄ロ ̄)【テニ厨/Game.254】

254
ジュニアテニス界では海外遠征など
わりとよくある話だし
コーチ曰く
「今より大きくなればなるほど
海外遠征に行くチャンスは
無くなってしまう。
学校を休む事によって
勉強が遅れる心配は大きくなるし
 受験なども絡んでくるから」
全くその通りだと思う。
が、いつのまにか母も多少なり
この世界に感化され
世間と感覚のズレが生じている事を
先生の「普通」の反応を見て
気がついた。

とりあえず
ずうの通う小学校では例がないので
どう対処するか他の先生に
相談してみるとの事だった。


ずうの面食いのお話はこちら↓ 
 
タグ絞り込み検索
  • ライブドアブログ