テニ厨

まったくのテニス無知な親が ウィンブルドンを夢見る我が子を ふわっと見つめる ゆるゆる育児日記

メンタル

まったくのテニス無知な親が
ウィンブルドンを夢見る我が子を
ふわっと見つめる
ゆるゆる育児日記

少年よ、大志を抱け【テニ厨/Game.292】

292
ブランコが揺れると怖い
とか
鉄棒で一瞬でも逆さまになるのが怖い
とか言ってる子に
こんなことできると誰が思うだろうか。
 人間、何かが吹っ切れた瞬間
思わぬ事が出来てしまうようだ。
何事も最初から決め込まず、
高い志を持って挑みたいものである。 




gekikoukoku 

思考管理【テニ厨/Game.289】

289
コーチ曰く、
「純粋に試合の相手と競争を楽しむ事、
自分のやるべき事に焦点を当てさせると
圧倒的にパフォーマンスが上がる。
この辺りの思考管理は
ずうにとってはとても大切」

大きな外国人相手に萎縮したり
仲間と自分を比較したり
勝ちへの拘りからラケットを触れなくなったり…
そんな様子を見ながらも
コーチはずうのブースターに気付き、
迷わずメスを入れてくれたようである。

勝ち負けよりも
試合の中で上手くなること。
自分に負けず
自分のやるべき事をやり通すこと。

おかげで少しずつ
堂々と戦えるようになってきたずうだが、
これから先、如何に自分でコントロールしていくかが
大きな課題となりそうである。
 (; ̄^ ̄)


昔から小さな事で大きく変化するずうのメンタル↓ 




ブースターはこちら↓
 




gekikoukoku
 
 

イライラ〈後編〉【テニ厨/Game.258】

258
結局イライラを丸一日引きずってしまった。
6試合くらいやったうち勝った試合は1つだけ。
レベル的にはどの試合も
勝てない相手ではなかったと思うが
メンタルを含め、これがずうの実力
という事なのだろう。
メンタルコントロールは片手バックよりも
ずっと大きな課題のようである。

番場コーチを忘れちゃった方はこちら↓

イライラ〈前編〉【テニ厨/Game.257】

257
いつも突っ込みたくなるくらい
切り替えの早いずう、
いつからこんなにイライラするように
なったのだろう?
と、最初は不思議で仕方なかった。
しかし相手は年下、しかもJPの後輩。
もしかしたらずうにとって初めての
「本気で」負ける訳にはいかない相手
だったのかもしれない。
リードしてもリードしても
諦めずにじりじりと追い上げてくる
恐怖とプレッシャー、
反比例するように上手くいかないプレー。
もうチビ助とはいえ
母の想像を絶する世界である。

メンタルは足に出る【テニ厨/Game.221】

221
フットワークはずうの大きな課題。
なのに
気持ちが入れば
人からこんな風に言われるほど
動けるんだね(^~^;)
ほんとメンタルって大事…。

ずうのフットワークはこちら↓ 
タグ絞り込み検索
  • ライブドアブログ