テニ厨

まったくのテニス無知な親が ウィンブルドンを夢見る我が子を ふわっと見つめる ゆるゆる育児日記

フェデラー

280
レッドクレーのコートは跳ねる。
シングルバックハンドは
高い位置だと力が入りにくいため
跳ね上がってきたボールを
スピンで返すのはなかなか難しい。
故にどうしてもスライスで凌ぐしか
なくなってしまうのだが、
そこまで安定したスライスを
今のずうが打ち続けられるはずもなく、
浮いてしまったボールは
相手のチャンスボールとなる。
あのフェデラーだってナダルのスピンには
長い間泣かされ続けてきたのだ。
レベルは違えど、シングルハンドを選んだ以上
付いて回る試練と言っても過言ではない。
…ふと、2年前のT監督の話が蘇ってきた。

T監督のお話はこちら↓






gekikoukoku

279
ずうとの連絡手段を断った今、
ずうの様子がわかるのは
コーチからのLINEだけである。
少し日焼けした楽しそうなずうの顔は
母を心から安心させ、癒してくれる。

ずうはシングルハンドのおかげか
外国人のコーチ達にも
すぐに覚えてもらえた様子。
フェデラーの人気は本当に
世界共通なのだと改めて感心した。
さあ"リトル・フェデラー"の名に恥じぬよう
精一杯頑張ってこい。笑

シングルハンドの恩恵はこちら↓

194
いろいろ心配の多い初合宿だったが
楽しく過ごしてきたようだ。
きっとロジャーネタで
弄ってもらえたおかげで
すんなり溶け込めたのだろう。
他のコーチに覚えてもらう事は
選手として大事なことなので
どんな形であれ有り難い事だ。

合宿ネタはこちら↓

170
数ヶ月前からそんな噂は聞いていたが
ずうには話していなかった。
ユニクロがどうのというより
フェデラー×NIKEという画が
定着していたので違和感ハンパなかったが
 ずうにおねだりされる事を考えたら
ユニクロの方がリーズナブルかも?
しかし
「でもずうはNIKEでいく」と
あっさり言われてしまった。
Σ(゚⊥゚○ノ)ノナンデスト??

135
フェデラーは8月8日生まれで、
自身のラッキーナンバーは
「8」と公言している。
初めての公認大会で
偶然にもこの番号になるとは
なんだか良い兆し?
と思ってしまう。
ずうのテンションも上がった事だし
万全を期して大会に臨むぞー(๑•̀ㅂ•́)و✧


「場所選びになんでそんな慎重なの?」という方、
過去の失敗例はこちら↓
 

このページのトップヘ