テニ厨

まったくのテニス無知な親が ウィンブルドンを夢見る我が子を ふわっと見つめる ゆるゆる育児日記

ずうの生態

363
たかが10日間、されど10日間。
鈍るであろうずうのテニスと
日々無駄になってゆくレッスン料。
ゴールデンエイジも終盤の今
周りの雰囲気や格付け表に惑わされ、
知らず知らずのうちに
母の焦りはピークとなっている。

ずうはと言えば
リフレッシュ休暇くらいのノリで
さほど大きな焦りは感じない。

親のエゴで
テニスを強要するつもりは更々ないのに
この湧き上がる焦りの正体はもしや…
orz




自分は変わってないつもりでも、この世界は独特↓

362
試合をキャンセルしたのは
これが初めてだった。
欠場届はどうすればいいんだっけとか
わちゃわちゃしながらも
すご〜く残念な気持ちの母であった。



いるかの先生関連はこちら↓



過去のケガ・カテゴリーはこちら↓

361
スポーツをしていればケガはつきもの。
仕方ないことだけど、親としては
それなりにショックなものなんだが…。

今までは怪我をした時、トレーナーが
ベンチで痛めた所を少し診てくれる
程度だったのだが、今回は幸コーチが
地面にタオルを敷いて寝かせ、
あれこれ丁寧に診てくれたらしい。
更に山本プロが近くにいて
アドバイスをくれたことで
どうやらプロっぽい気分に浸れた模様。
世界を見て少し大人になったと思いきや
「これぞ、ずう」はまだ僅かに残っていたようだ。
ケガしてしまったショックは何処〜?
orz



「これぞ、ずう」象徴的なお話はこちら↓


359
既にAクラス入りしているダイキ君に
久々勝てて嬉しいついでに、
ちょっぴり頑張ってるアピールを
したくなったようだ。
確かに言われてみれば
ここ最近、ずうの部屋から
それらしい気配がした事は何度かある。

そういえば母は小学生の頃、
とても良い子なスケジュールを立て
それをカラフルで美しい表にし、
出来上がった瞬間に
ものすごい達成感を味わってしまい、
結果スケジュール自体は実行することなく
終了したという経験が何度もある。
それでも毎回
作っている時は本気で実行しようと
思っていたのである。
中学生、高校生になってからは
単語帳が毎回そのパターンであった。

つまり
ずうもノートを書いた時は本気であり、
(小学生が毎日続けられる内容とは思えないが)
毎日やっていこうと思っていたはずなのである。
結果相当サボりがちだったにせよ
全く実行しなかった母に比べればまだマシ、
というわけで
ゆるい突っ込みしか入れられない母なのである。


ダイキくんはこちら↓
 

358
確かにこの頃、行方不明になったり
遺体でみつかったりといった
小学生が被害に遭う事件が起きていたので
帰りの夜道が怖いのはわからなくはない。
でも変質者に追いかけられたわけじゃなし、
これってフツーに気のいいおじさんじゃん。
なんなら小さい子が夜一人だからと
心配して声かけてくれたのでは?

…こうしてまた母による送迎の日々が始まった
orz



一人で通う事になったきっかけはこちら↓
 

このページのトップヘ