テニ厨

まったくのテニス無知な親が ウィンブルドンを夢見る我が子を ふわっと見つめる ゆるゆる育児日記

ずうの友達

365
タイミング悪くケガしていたせいで
忘れられてしまったのだろうか?
それともずうなど試すまでもないという事?
てかそもそも
「お試し期間」自体が単なるデマだったのか?

そんな事をくるくる考えるうちに
ふと、母の頭を過ぎる
「認めない」という幸コーチの言葉。
もしかしたらずうを奮起させようと
敢えて外したのかも?!
…な〜んて無理やり前向きに考えてみるも
振り分けを考えたのが誰なのか不明ゆえ、
これも妄想の域を超えない。
 
いずれにせよ
ずうが深く傷つき、
なけなしの自信を失ったことだけが
事実として残った。

ケガは怖い。
休んでいる間に想像以上のものを
失ってしまうことがあるのだ。
orz



決して甘やかさない、幸コーチはこちら↓





振り分けシステムのお話はこちら↓
 

364
たかが10日、されど10日…
母の焦りは的中かと思われた。
さすがのずうも少し焦ったようだが
「お試し」の噂が本当なら
楽しみではある。
ここで認められれば、
らんま君のいる念願のAクラスに
上がれるかもしれないのだ。
ガンバレ─(`・Д・´)9(`・Д・´)9(`・Д・´)9─ッ!!!



らんま君はこちら↓
 

334
まさに「子は親の鏡」。
子供の年齢が違うので
なかなか関わる事がなかったのだが
こんな素晴らしい方とお近づきになれて
本当に光栄である。

ずうは座学や練習試合など
特別な時でないと
コーチのアドバイスだって
メモることはあまりないのだが
彼にとってよほど特別な事だったのだろう、
すかさずテニスノートを持ち出して
らんま君のアドバイスを書き留めていた。笑
そして
またやろうねと言ってくれたらんま君。
こういう良いお手本になる先輩が
いつも近くにいてくれたらと
ふとカムイ君を思い出した母である。


懐かしいカムイ君はこちら↓


素晴らしい親御さんは他にも(^^)↓

333
以前、少し年上の子(の親御さん)に
ずうの練習相手をお願いしてみたことがあったが
やんわりと断られてしまったので
そういう事は相手にとって迷惑なのだと思い、
年上との自主練などは考えないようにしていた。
故に、まさか自らチビすけの練習相手を
買って出てくださる方がいるなんて
夢にも思ってなかったのである。

このママさんはいつも優しくおだやかで
懐が深く、まるでお釈迦様。
ちょうど地獄で蠢くずうと母の元に
蜘蛛の糸を垂らしてくれたかのようである。

しかもずうが一番練習したいであろう
レフティの年上男子!
「ずうをよろしくお願いします」と挨拶すると
らんま君は真っ白い歯を覗かせて
少しはにかんだ笑顔を見せてくれた。
(*´ω`*) 


以前、練習相手を断られた話はこちら↓

240
カムイ君が辞めた時も思った事だが
やはり身体能力が高い子は
色んなスポーツに
興味が湧いてしまうもののようだ。
テニスだけに縛り付けるのは
逆に勿体ないのかもしれない。
きっと野球でも大活躍するんだろうな。
頑張れ、ターボ君!・ω・´)尸

ターボ君を忘れちゃった方はこちら↓ 

このページのトップヘ