テニ厨

まったくのテニス無知な親が ウィンブルドンを夢見る我が子を ふわっと見つめる ゆるゆる育児日記

ずう

532
この日の戦いぶりは感動ものであった。
身体が小さくてもパワーがなくても
相手をよく見て、工夫をすれば
勝機はきっと見出せる。

フェデラーのように多彩なショットで
相手を翻弄するスタイルは
ずうがずっと追い求めていた形であり
今までもそうしたプレーはあったし
もちろん格好よく決まったショットもあった。
ただ今にして思えば、その時々で
理に適っていたかどうかは定かではない。
(ちょっとやってみたかった、とかね笑)
だがこの日は明らかに違った。
鍋は確かに少し煮えていたのである。

それにしても、小さい時から
毎月2〜3大会出場していたにも関わらず
U10では叶わず、U12の後半になって
ようやく叶った優勝。
更に厳しいだろうと思っていたU14で
まさかこんなに早く(5大会め)
優勝できるとは…部活のテニスって
何がそんなに違うのだろうか?
(?_?)


これがようやく形になった!?↓

531
ぶっちゃけ序盤2ゲーム連取されるずうを
「ですよね〜」な感じで観ていた母、
その後の展開には度肝を抜かれた。
…というのはちょっと言い過ぎかもしれないが
あれほど苦手だったシコラー系相手に
よくぞ!と感激したのは事実である。

しかしそんな想いに
のんびり浸っている間もなく
このシコラー系男子を倒した
バコラー系男子との決勝戦が始まる…!
(꒪ཀ꒪)و⁾⁾ファイッ


ずーっと目指してきたプレースタイル↓

528
女子ならまだしも、
ずうより年上の男子というのは
扱い方が特によくわからない。
今回はパパに頼んで本当に良かった。

先輩とはいえ、
ずうと一つしか変わらない子供である。
きっと初めての事態で、どうしたら良いのか
わからなくなっていたのだろう。
貸すこと、借りること、
返すこと、返してもらうこと。
お互いに学習できたなら
結果オーライである。
(๑•̀ㅂ•́)و✧



ナイスなパパはこちら↓


527
ずうが中学に入った時に買ったばかりの
大人用の折り畳み傘。
別段高級品というわけではないが
ずうも使っていない新品だった。

それを何のためらいもなく
困っている先輩に差し出したずうを
誇らしく、嬉しく思った母だったのだが
はて、待てど暮らせど返ってこない。
返してと言えないのか、
言っても返してくれないのか…?

大人だったら
「返ってこないつもりで貸す」
なんてこともままあるが、まだ中学生、
「親切にするとお互い良い気持ちになれるんだ」
と学んでほしいところである。
(;-ω-)ウーン



先輩たちはいい子ばかりだったはず↓

524
学年11位、いや全然いいのである。
てか母の子にしては大したものなのだが、
ちっきしょーーー
あと数点でトップ10だったのに!

とかはなく、なんなら
テスト前も部活出てたのに
オレって結構できんじゃね?
なずう。
この感じ、
テニスにも現れてる…というか同じ。
性格だな、こりゃ。笑
(o´д`o)=3



テスト前も部活に出ていたずうはこちら↓

このページのトップヘ