テニ厨

まったくのテニス無知な親が ウィンブルドンを夢見る我が子を ふわっと見つめる ゆるゆる育児日記

使える便利グッズ(母監修)

341
我が家でよく遭遇する小さなクモや蛾などは
無理なく簡単に捕獲できる。
過去最高に怖かったのはゲジゲジ
(何処から入ったのか(꒪д꒪II)だったが
これも成功。虫に限らず
テニスボールより小さい生物であれば
捕獲可能だが、すばしっこいものは
使う側の反射神経次第と思われる。

以前は自分の部屋に虫が出ると
「ママー虫っ!助けてーーー!!!」なんて
大騒ぎだったちゅみも、これのお陰で
一人静かに対処できるようになった。

ずうは基本やりたがらないが、
出来なくはない笑。
てか男の子だし、大きくなったら
虫くらい素手で取ってくれるだろう
と思っていたのに、実際は
蚊やコバエすら怖がる始末であるorz

この容器、過去にだいぶ捨ててしまったが
テニスボールを使用している限り
コスパは最強なので
いずれは各部屋に設置しようと
目論んでいる母である。



虫がよく出るようになったのは引っ越してからだなぁ。
 

210
酔い止めの薬を
いくつか試したこともあったが
そもそも何かを口にするのが
気持ち悪いという。
「寝ちゃえば大丈夫だよ」
と言っても簡単には寝付けず
到着間際に落ちてしまう始末。
 このリストバンドを装着したら
いつもうっすら気分が悪くなりかける
ギリギリ一時間圏内は
全く問題なく行くことができた。
様子を見ながら少しずつ
遠くまで足を伸ばして行こう。
。゚+.ヾ(・∀・)ノ゚+.゚ 

過去のリバース体験はこちら↓ _(´ཀ`」 ∠)_

171
JPのある日は時間との戦いである。
 ずうが学校から帰るまでに
仕事や家事全般、夕食の支度を済ませ
帰宅したずうに軽食を食べさせて
レッスンに連れて行く。
ずうパパもあれこれ協力してくれるが
この一刻を争う状況の中で
圧力鍋(母は魔法の鍋と呼んでいる)は
無くてはならない存在だ。
なにしろ分量と時間さえ守れば
まず失敗しないのだから
なんとも頼もしいではないか。
「焼き物や揚げ物が食べたいなぁ」
なんて微かに聞こえる気もするが
多少の事はオフるしかない(笑)

120
真夏じゃなかっただけ
良かったのかもしれないが
汗をかくととても痒くなるようだ。
ずうにはさせられないが、
いるかの先生ご自身がギプスをしていた時は
いつでも掻けるよう
常に耳かきをギプスの隙間に
収納していたという。
勿論そんな事はない方が良いのだが
もしギプスをするハメになった時は
是非お試しあれ。|・∀・)ノ ⌒†


いるかの先生?って方はこちら↓ 
 

064
いろいろ試してみたが、
今の所このスタイルが一番あったかい。
予想外の事態に備え、カバンの中には
予備のカイロはもちろん、
くつ下用カイロも入っている。
それから
ひもじいと余計に寒さが身にしみるので
マスクの隙間から一口で食べられる
非常食のチョコレート、
 熱い飲み物が入った水筒
(自販機の飲み物は一瞬で冷める)
も必須アイテムだ。

このページのトップヘ