テニ厨

まったくのテニス無知な親が ウィンブルドンを夢見る我が子を ふわっと見つめる ゆるゆる育児日記

親の悩み

173
夜尿症というのは
簡単に言えばおねしょである。
普通小学校入学前後に自然に治るものだが
その位の年齢で治らないのが
夜尿症と言われている。
抗利尿ホルモンの分泌不足や
膀胱の大きさ、腎臓や膀胱の異常など
原因はいくつかあるようだが、
とりあえず元気だし
自然に治るのを気長に待っていた。
だが合宿となると話は別。
去年はまだ3年生だったこともあり
お泊まりはちょっと…と濁して
日帰り参加したのだが
さすがに今年は行かないと言うと周りの子から
「なんで?ママと離れるのが嫌なの?」
なんて言われてしまう。
結局オムツを隠して持って行き
隠れて履き替え、持ち帰る事にしたのだが
トイレ付近に寝かせてもらうとか
バレそうになった時のフォローとか
やはりコーチには知っててもらった方が
ずうの為なのである。

しかしコーチは独身男性だし、
他人の子のおねしょなんて勘弁だよね…
と思っていたのに、まさかのこの対応。
安心してずうの初お泊まりを
お任せする事ができた。ε-(´∀`*)ホッ

去年の合宿はこちら↓

148
もちろん描いた通りに
夢が叶うのが一番好ましいし、
皆それを目指して頑張るわけだが
いずれも狭き門。
いつまで夢を追い続けるのか、
いつまでに叶わなかったら諦めるのか…
テニスは35歳くらい?
バンドだったら70歳以上もアリ?
自分で決める事だから反対はしないが
その頃母はこの世にいないであろう。
0(:3 )~ ('、3_ヽ)_ 

072
ずうがテニスを始めた頃から
練習中のゲームで負けても
「あのショットはカッコ良かったよ!」
「ダブルフォルトしなかったね!」などと
良い所を探しては褒め、励ましてきた。
そもそも運動が苦手だったずうが
片手バックハンドというハンデ(笑)を
自ら背負いながら、一生懸命テニスに
打ち込んでいるというだけで
母的には嬉しい話であり、
楽しく続けてほしいと願っているからだ。
しかし!
それが裏目に出たのか、
最近では試合で負けても、良いポイントや
良いショットがあれば、自分で
「ココは良かった」「あれは良かった」
と言って満足するように
なってしまったΣ(゚Д゚;)エエー
勝敗よりもテクニックにしか
興味がないタイプ?
負けて悔しいとか思わないのかなぁ?
それって選手としてどうなんでしょう。
子育てって難しい.....(;__)/| 

このページのトップヘ