テニ厨

まったくのテニス無知な親が ウィンブルドンを夢見る我が子を ふわっと見つめる ゆるゆる育児日記

ケガ

125
約2ヶ月半、待ちに待った
フェデラーバッグでのJP復帰が
こんな展開になるとは。
やはりどこまでいっても
ずうはずうなのである。
…バッグ自体はいつものラケバより
全然軽いんだけどなぁ(ノo`;)

ずうのお気に入り
フェデラーバッグの入手経路はこちら↓
 

122
言われてみればその通りだが
全く考えが及ばなかった。
穴があったら入りたい。
ε=ε=ε=┌( ≧A≦)┘

121
一ヶ月半ぶりに会った、
つるんつるんだったはずのずうの腕に
産毛がすくすくと育っていた。
男子なのでいずれそれなりには
ヒゲやスネ毛が生えて来るのだろうと
頭では理解しているが、
それをリアルに感じた瞬間であった。

…ずう、そこはフェデラーのマネ
しなくていいからね。(*ノωノ)笑

119
「細くてちょっと心配だから
もうしばらく固定しておきましょう」
普通の子なら晴れて今日
ギプスから解放されていたはず。
こんな所もずうクオリティー。
そして、片手バックのジュニア(U10)
というのが、ずうの中で唯一の
アイデンティティーだったようだ。
誰よりも早く完成させようと
がんばってきたのに
元々テニスが上手な二人が始めた事で
焦る気持ちはハンパない。
まぁ今できる事をがんばるしかないやね。
(*・ω・)ノノ゚



しゅんすけ君(仮名)はこちら↓

しゅうと君(仮名)はこちら↓ 

117
本当はこの機会に
転んでもタダでは起きない粘り強さや
小さな努力を積み重ねる大切さを
説くつもりだったのに
ネタが失敗だったかもしれない。汗
そしてJPのトレーニングでも
同じメニューをやるので、
もっと長く乗れるようになって
復帰した時にトレーナーや仲間たちを
ビックリさせたいと言い出した。
あれっフツーに楽しい感じ?
しかもサプライズ用?
…まいっか、それでも(*ノε`;)

このページのトップヘ