テニ厨

まったくのテニス無知な親が ウィンブルドンを夢見る我が子を ふわっと見つめる ゆるゆる育児日記

メンタル

143
ここまで追いつかれても
全然負ける気がしていないのが
見て取れる。
そしてまだ何かやってやろうという
気迫が漂っている。

…わかった。奴は自信をつけたのだ。
自信がつくと人間こうも変わるのか。
もう言葉ではどうにも
表現できないくらい別人なのである。
石田コーチがキウイカップを
やけに勧めていたのは、
これが狙いだったのか…!?Σ(・艸・;)ハッ
コートに立っている時はもちろん
待ち時間の態度も堂々としており、
この日初めてずうを見た人が
いわゆる「強い子」と感じたとしても
なんら不思議はないと思えてしまった。

142
反対側の世界へ
迷い込んでしまったようである。
そう、いつもなら「あの子上手〜!!」
なんて呟いている側なのだ。 
オールラウンダーを目指すずう、
試合といえば色んな事をやってはミスる
おなじみのパターンなのだが
なぜか今日はそれがことごとく決まる。
ずうも途中から
「なんかボクイケてる!?(☆∀☆) キラーン」
と気付いた様子。
気持ちよくなると止まらないずうである。
<(_□_;)>

141
スクールでは各使用球に合わせた
試合を毎月開催している。
レッドの頃はよく参加していたが
最近は外の大会ばかりで
全く出場していなかった。
これはいつもとちょっと違って
新鮮かもしれない。(˶꙾◡꙾˶)


チェリーカップのお話はこちら↓


優勝者当てクイズのお話はこちら↓ 


137

イメージ先行型のずう、
JPの先輩達が皆出ている公認大会は
グランドスラムほどではないにせよ、
そこそこ立派な会場でやると
大きな勘違いをしていたのだ。
早くそこに気付いて説明し、
心の準備をさせてやれれば良かったが
母もちょっと想定外だった。
天気はコントロールできなくても
身体と気持ちのコンディションを整え
極力良い状態でコートに入れるよう
配慮してきたつもりだが
まだまだずうという生き物の
理解が足りなかったようだ(; ̄ー ̄A



イメージ先行型のずうはこちら↓




136
ずうが風嫌いなのは知っていた。
しかしよりによって
大事なハチマキを忘れるとは。
レッスンの時もハチマキを忘れると
だいぶテンションが下がるずう、
やはり出掛けに母自ら
確かめるべきだったか…orz 



ハチマキのお話はこちら↓



このページのトップヘ