テニ厨

まったくのテニス無知な親が ウィンブルドンを夢見る我が子を ふわっと見つめる ゆるゆる育児日記

選手

205
子供の成長は早い。
こないだ生まれたばかりと思ってたのに
もう年齢制限に引っかかるような
歳になってたのか。 
大きくなるのは嬉しいけれど
いつか親元を離れて行く日が
刻々と近づいているんだよなぁ。。。 
(いや離れてくれなきゃ困るな笑)

175
ずうは片手バック。怪我が心配なので
細くて柔らかいナイロンガットを使っている。
今までは自分のパワーもないし
受ける球もそれほど強くなかったので
特に必要なかったが
最近は徐々にガットの傷みも早くなり
試合もあるので2本目を持たせる事にした。
複数のラケットというのは
ずう的には選手感アップで
モチベも上がるようだ(* ̄m ̄)クスッ

しかし母のラケットまで記憶している
このコーチにビックリ。
ま、母も一応生徒であるにはあるが↓ (;^ω^A


132
公認大会に出場すると成績に応じて
テニス協会のランキングポイントが
加算される。ランキングが上がれば
グレードの高い大会にも出場できるのだ。
そしてそのポイントを保有できるのは
各大会一年間という
プロと少し似たようなシステムだが、
ランキングに反映されるのは
出場した全試合のうち
高ポイントの5大会分だけ。
ジュニアとはいえ
なんともシビアな世界である。
とんでもない荒波に漕ぎ出してしまった
ような気がするのは母だけか?
ずうは意味わかってるのかな…笑
_:(´ཀ`」 ∠):_

061
ちょっとハード目な習い事感覚でいた。
専門的な事はコーチが手取り足取り
教えてくれるもんだと思っていた。 
しかし現実はそんなに甘くはなかった。
自分で試合を調べてエントリーし、
現地まで連れて行かなくてはならない。 
「親も慣れるわよ」と言われたが
どうしよう、母はまったく持って
自信がないぞ。(;`・ω・´)ノ キッパリ

031
こんな歯の浮くような台詞を
素直にサラッと言ってくれるのは今だけ。
心置きなく堪能しておこう。 

このページのトップヘ