テニ厨

まったくのテニス無知な親が ウィンブルドンを夢見る我が子を ふわっと見つめる ゆるゆる育児日記

選手

403
 一人でやるサーブ練習などは別として、
ちゃんとした自主練を見たのは
ぶっちゃけこれが初めてかもしれない。笑
もっと大きくなれば
違ってくるのかもしれないが
今までこの年代での「自主練」といえば
往々にして遊び色が強いものであった。
なので当然のことながら
「自主練」に期待などしていなかった訳だが
そんな母をC校の子供たちは
見事に裏切ってくれたのである。

まず全員が
コートを使える時間を無駄にしない。
「次、何やる〜?」なんて
話している時間すら勿体ないといった様子で
どんどんメニューを考え、進めていく。
更に小学生に対しては
コーチの代わりでもするかのように
中学生が丁寧に相手をしてくれる。

この子供たちはなにーーー?(๑°ㅁ°๑) 
 
…良いお手本がいっぱいいるC校は
テニスだけでなく
色んな面でずうを育ててくれそうである。
. ⁺ •͙‧⁺o(⁎˃ᴗ˂⁎)o⁺‧•͙‧⁺.  


そういえば部活のノリに近いかも?↓

329
環境なんか関係ない。
要はその子次第、強くなる子は
どんな環境でも強くなる。
環境に左右されるようでは
所詮それまでという事だ。


そう仰る親御さんがいた。
全くもって仰る通り、
反論の余地もないのだが、
どうせやるなら
小学生の間くらいは気持ちよく
楽しくやらせてあげたいと
思ってしまう、ゆるい母である。

234
「12歳以下男子の目標は40ポイントです」
とコーチに言われ、恥ずかしながら
××ジュニアは最低40ポイント
保持していないとエントリーできない
と勝手に思い込んでいた。
1月前半までの成績が反映されるという事は
聞いていたので、その結果が出てから
エントリーするものと思っていたのである。
今までカットラインのある大会に
出場した事がなかったので
「とりあえず先にエントリーだけしておく」
なんて考えは全く持っていなかった。

だってそんなこと誰も教えてくれないんだもん。泣

無知はこわい。
今回、残念な結果ではあったが
来年に向けて良い勉強ができた母である。
;( ;•ω•ก)

××ジュニアやランキングポイント関連のお話はこちら↓ 

205
子供の成長は早い。
こないだ生まれたばかりと思ってたのに
もう年齢制限に引っかかるような
歳になってたのか。 
大きくなるのは嬉しいけれど
いつか親元を離れて行く日が
刻々と近づいているんだよなぁ。。。 
(いや離れてくれなきゃ困るな笑)

175
ずうは片手バック。怪我が心配なので
細くて柔らかいナイロンガットを使っている。
今までは自分のパワーもないし
受ける球もそれほど強くなかったので
特に必要なかったが
最近は徐々にガットの傷みも早くなり
試合もあるので2本目を持たせる事にした。
複数のラケットというのは
ずう的には選手感アップで
モチベも上がるようだ(* ̄m ̄)クスッ

しかし母のラケットまで記憶している
このコーチにビックリ。
ま、母も一応生徒であるにはあるが↓ (;^ω^A


このページのトップヘ