テニ厨

まったくのテニス無知な親が ウィンブルドンを夢見る我が子を ふわっと見つめる ゆるゆる育児日記

レッスン

398
当然のことながら、やっぱり
聞いていてなるほどと思うことばかり。
まさにオールラウンダーを目指すずう用の
徹底的に点を取るためのレッスンだった。
2時間分、盛りだくさんの内容のうち
どれくらいずうの頭に残ったかはわからないが
きっと何かしら、これからのテニスに
活かしていってくれることであろう。

レッスン終了後
「後ほど感じたことをLINEしますね」と言って
コーチはずうの直近の試合のDVDを
持って行ってくれた。
鬼のように忙しいだろうに、
どれだけ面倒見が良いのだろう?
そんな人だからこそ
いつかまた、成長したずうを
見てもらえる日が来たらいいなと
思ってしまう母なのである。



懐かしいヨーロッパ遠征では
こんな事を習っていました↓



397
お会いするまで知らなかったのだが
他川コーチは今やA校とは関係のない
歴とした某アカデミーのコーチであり、
ヨーロッパを中心に
世界中を飛び回っているという。
そんなわけで今回は
個人的に来ていただいた、
正真正銘のプライベート・レッスン
ということになった。

8ヶ月ぶり、
それなりに成長したずうを見て
喜んでくれたのは良かったが
まさかの石田コーチと同じ反応!笑
まあずうも
原因を自覚していることがわかり、
少しホッとした母である。


 
石田コーチの反応はこちら↓

他川コーチのPL、前回はこちら↓


 

342
出場した試合の内容とスコアは
お世話になっているコーチ達に
随時報告している。
0-6の試合は
描くほどの内容が無い場合が多いので
あまりここには載せられていないだけで、
実際には意外とある。

これだけ出来て、何故ここまで勝てないのか

当然の事ながら、練習と試合は違うという事を
百も承知のコーチが首を傾げるほど
練習では上手なテニスをする
ずうなのである。笑


ずうの負け、いろいろ↓








321
…そうだった、思い出した。
良くも悪くも一点集中型のずう、
やる事が明確になっていて、且つ
気持ちがそこにあれば(←ここ大事)
実行しちゃうのである。

まてよ、それを踏まえて
前回のワンパン試合を振り返ってみると…


番場コーチが最近は「テーマは攻め」の
レッスンをしていると言っていた。
ずう的にはレッスン内容を
忠実に実行していただけであり、
1セット取られて尚更
「もっと攻めなければ!打たなければ!」
という思考になったのもうなづける。

しかし!
「テーマは攻め」と言えど普通に考えれば
ただ闇雲に打てという意味では
なかったはず。
そう、ここが一点集中型ゆえの哀しさ。
ずうにインプットされていたのは
状況とか流れとか関係なく
「ハードヒットする」の一点だけ
だったのではないだろうかorz
しかもレッスンでは
それが決まってしまっていたから
これはどうしようもない。笑

とりあえず
今回作戦会議で導き出し、
お墨付きを頂いたこの形を基本として
続けていってくれることを願うしかない。
 

一点集中型のずうはこちら↓


前回のワンパン試合はこちら↓



なつかしのマリコちゃんはこちら↓



New!!
もうひとつ思い出したので追加しました〈2021.10.9更新〉

「自分に負けず、やるべきことを最後までやり切ること」
ずうはレジェンドの教えを守っていたようである。
まず①が入っていたら良かったのだが、
やはり「一点」だから仕方ない。笑

レジェンドの教えはこちら↓

187
親が子に「あの子とは練習するな」と
ストップをかけている話も聞くので
まずは親の許可を…と思ったのだが
やはりシビアな世界、
そういう文化なのだろうか?
上に硬式テニスをやっている
きょうだいがいる子が
羨ましいと思う今日この頃である。
(●´エ`●)o〇
(ずうの姉、ちゅみは軟式テニス) 

このページのトップヘ