テニ厨

まったくのテニス無知な親が ウィンブルドンを夢見る我が子を ふわっと見つめる ゆるゆる育児日記

試合

153
前回の公認大会と同じく
今日も風が吹いている。
相手はもちろん格上で身体も大きい。
…何も言うまい、黙って見守ろう。
( ̄人 ̄)


前回、初の公認大会はこちら↓ 



149
自分が感じる試合の出来映えと
スタッツに出て来る数字には
多少なりギャップがある。
結構サーブの調子が良かったのに
実際にポイントは取れていないとか、
執拗にバックを狙われていたけど
実はフォアのエラーの方が多かったとか。
成長するにつれこのギャップが縮まり、
試合の中で分析・修正して行けるように
なれたらいいなあ。
とりあえず今回、試合をしながら
ダブホの数を認識していたというのは
はじめの一歩として悪くない気がする。
(⁎˃ᴗ˂⁎)イイネ

145
リーグ戦では勝敗の他に得失点差も
トーナメントのドローに影響するので
負けるとしても1ゲームでも
多く取るのが鉄則。
いままで3ゲームも差がついたら
そんな事お構いナシで
ボールを追わなくなっていたずう。
この後のリーグ戦2試合は
初戦の失点分を取り返すかのように
6-0、6-1と圧巻の勝利だった。
トーナメントの結果は準優勝だったが
全く満足していない様子。
ヤツはまだあっちの世界にいるようだ。
(゚m゚*)ムフ


あっちの世界はこっち↓
 
 
 
 

108
溶連菌という病気は
発熱と酷い喉の痛みを伴う。
試合が終わってみると
苦しそうに咳き込みながら
ひどい熱でぐったりしていた。
途中棄権もできたのに
最後までコートに立っていた事を
 母は高く評価する。
ずう、よくがんばった!! 
(*>ω<)ω<*)ギュ~ッ 

107
ずうは人ごみに行くと、
すぐに何かを頂いてきてしまう。
しかもイベントを控えている時に限って。
(↑子供あるある ┐( ̄∇ ̄)┌)
プロの試合を観ることで刺激を受け、
明日の自分の試合にも
気合いが入る事を期待していたのに
出場すら怪しい事態に…orz

このページのトップヘ