テニ厨

まったくのテニス無知な親が ウィンブルドンを夢見る我が子を ふわっと見つめる ゆるゆる育児日記

試合

449
1Rの壁を突破することが目標だったのに
決勝まで駆け上がった
(しかもそれなりの選手たちを倒して)
ずうは立派だった。よく頑張ったと思う。

ぶっちゃけ対戦相手としては
決勝より準決勝の方がタフだったように思うが、
草トーとはいえ決勝の舞台ともなると
それだけではないものがあるのだろう。 

一瞬でも欲が湧いてしまった自分の胸に
ずうのスコアを刻み込み、
改めて我を戒めた母である。
(。-人-。)

448
よくやった!
ぶっちゃけ勝てるとは思っていなかった。
今まで強打で攻めてくる相手には
大抵打ち負け
何もできずに終わるのが常だったが、
今日はサーブでポイントが取れたおかげで
気持ちに余裕が生まれ
冷静に頭を使ってプレーすることが
できたのかもしれない。 

さて2Rは更に手強そうな選手。
細っこいずうとは対極の
中身がしっかりつまった感じの体格。
ふくらはぎやお尻の筋肉が発達していて
見るからに走れそうで、
パワーもありそうな風貌である。

まぁここは勝てなくても仕方ない、
今日は本当によく頑張ったさ。
d(。ゝェ・´)



1R勝てたのはこんな逆の経験も役立ったかも?!



 

447
前回の草トーで
ずうの見えないフタに
風穴が開いたような気がした。
ずうはそのままの気持ちで
今回の草トーに入ってきたように思う。
果たしてずうは
どんな相手であっても
最後まで自分を信じて戦えるだろうか。
|ω・`)


前回の草トーはこちら↓



431
これには驚いた。
少し風があるだけで
ブルーになっていたずうが、
風が吹いていることにすら気づかず
普通にプレーしているとは。
レッスンが始まって2ヶ月、
やはり過酷な環境は
人間を強くする。

いいぞ、ずう
風と友達になるがいい。


風嫌いなずうはこちら↓


少々の風など気にならなくなる
素晴らしいレッスン環境はこちら↓

 

427
「勝てる試合に出してあげてください」
そう言われても
相手がいることだし
ずうが勝てる試合なんてどこにあるのか
ずっと謎だった。ぶっちゃけ
「えっこの子に負けちゃうの?」
なんてよくある話で、
(いつの間にかそうも思わなくなった笑)
そもそもずうの場合
どんな相手であっても
バックに集められたら簡単ではない。
 フェデラーの
「小さいうちは片手はオススメしない」
という言葉がその都度胸に染みる。

だが、ようやくみつけたのだ。
いつも決勝トーナメントを
目指していたから気づかなかった。
ずう的には不本意だったかもしれないが
自分を信じて勝っていけるのは
ここなのではないだろうか。 
コーチ達の言う通り
地道に勝ち体験を積んで自信をつけ、
自分のペースで上を目指していけばいい。
ᶠⁱᴳʰᵀᵎᵎ(*˙˘˙*)و⚑⁎∗




強い子オーラのお話はこちら↓




このページのトップヘ