テニ厨

まったくのテニス無知な親が ウィンブルドンを夢見る我が子を ふわっと見つめる ゆるゆる育児日記

コーチ

229
誰もが褒め讃える伝説のコーチ。
悪い話などカケラも聞いた事がない。
元々JPの統括だったのだが
ちょうどずうがJPに入った頃
グランドスラムに立てる選手を育てたいと
スペインのアカデミーへ行ってしまった。
日本にいる時間は忙しく貴重なはずなのに
ずうレベルの子を快く受け入れてくれるとは…
やはり噂は本当なのだ。
・*:.。. 感(*´ω`*)激.。.:*・ 

203
新しいコーチが入ってきたり
いなくなったりと
半期に一度、姉妹校の中で
コーチ数名の移動がある。
が、育成(JP)のコーチはそうそう
入れ替えなどできないだろうと
勝手に思い込んでいたのだ。
小さい頃から
ずうを丁寧に指導してくれ、
様々なミラクルを
起こしてくれた石田コーチ。
他にもJPにいてほしいと
懇願したママさん達がいたようだが
会社の方針ではどうしようもない。
とりあえず
必要ならプライベートレッスン等も
受けてくれるというので
これからも「ずうのコーチ」として
頼りにさせてもらうんだから(’ ;×;`)و

昔のずうと石田コーチのお話はこちら↓



201
こんなにこわばった顔、初めて見た。
ヒューマノイド説のあるこのコーチも
どうやら人間だったようだ。(笑)
やはり国際大会でコーチングなど
そうそう経験できるものではないようで
おそらく自分の試合以上に
緊張を覚えたのではないだろうか?
とにかく選手の方にコーチの緊張が
伝わらない事を祈るばかりであった。
ヒヤ(・ω・`;)ヒヤ

A.I.コーチはこちら↓
 

158
著名人だからという事もあるが、
それを差し引いても
とにかく選手を盛り上げるのが上手で
子供達がキラキラしている。
Yプロが来る日は
保護者の見学も少し増えるのだが、
 ほぼ初対面なのに
なぜこの人はどの子の親とかわかるのか
本当に不思議でならない。
やはり観察力も人並みではないのだろう。
ちなみに母とずうは漫画ほど
そっくりではない。


…と思う。

「ほぼ」初対面のおはなしはこちら↓
 

157
フツーにテニスな格好で
周りに溶け込んでいると
案外わかりづらい。(母だけ?)
他にも見逃している方々が
いたかもしれないなぁ…(*゚。゚)ホーー

このページのトップヘ