テニ厨

まったくのテニス無知な親が ウィンブルドンを夢見る我が子を ふわっと見つめる ゆるゆる育児日記

コーチ

201
こんなにこわばった顔、初めて見た。
ヒューマノイド説のあるこのコーチも
どうやら人間だったようだ。(笑)
やはり国際大会でコーチングなど
そうそう経験できるものではないようで
おそらく自分の試合以上に
緊張を覚えたのではないだろうか?
とにかく選手の方にコーチの緊張が
伝わらない事を祈るばかりであった。
ヒヤ(・ω・`;)ヒヤ

A.I.コーチはこちら↓
 

158
著名人だからという事もあるが、
それを差し引いても
とにかく選手を盛り上げるのが上手で
子供達がキラキラしている。
Yプロが来る日は
保護者の見学も少し増えるのだが、
 ほぼ初対面なのに
なぜこの人はどの子の親とかわかるのか
本当に不思議でならない。
やはり観察力も人並みではないのだろう。
ちなみに母とずうは漫画ほど
そっくりではない。


…と思う。

「ほぼ」初対面のおはなしはこちら↓
 

157
フツーにテニスな格好で
周りに溶け込んでいると
案外わかりづらい。(母だけ?)
他にも見逃している方々が
いたかもしれないなぁ…(*゚。゚)ホーー

099
ずうがスポンジボール時代に
お世話になった幸コーチ(仮名)。
レッドに進級した後は会う事もなく
「何処かへ行ったらしい」
と風の噂に聞いていた。
良いコーチだっただけに
残念に思っていたのだが
また再会でき、しかもJP担当とは!
そして
大勢いるレギュラークラスの中で
当時週一回・半年足らず
教えただけのずうを
覚えていてくれたなんて
まさにアメージングである
.+゚. (*´∀`*). +.

幸コーチ(仮名)についてはこちら↓ 



097
そうなのだ。
確かにこれが一番足りない。
勝ちたいという気持ちは
全ての原動力となり、
ずうのポテンシャルを
引き上げてくれるはずだから。
切れ味鋭いこのコーチ、
やはり伊達ではない・。*(゚0゚*)+ ゚

このページのトップヘ