テニ厨

まったくのテニス無知な親が ウィンブルドンを夢見る我が子を ふわっと見つめる ゆるゆる育児日記

コーチ

348
③は格別に耳が痛いお話ですな…笑

試合中編はまだ続きます。
カキカキ.....φ(ω )


「ドーン」を知らない方はこちら(/ω\)↓ 
 

347
試合当日、誰よりも早く到着し
来る人全てに顔を見て挨拶すると良い
という話は驚きだった。
気持ちに余裕ができるのだろうか?
確かに逆にこれをやられたら
ちょっとプレッシャーのようなものを
感じるかもしれないと思う
小心者の母である。


次は試合中に移ります。
カキカキ.....φ(ω ) 

346
もっとガチガチな内容かと思ったけど
消化の悪いものでも少しなら食べてOKとか、
母的には「えっいいのー?」と思う事が
意外とあった。
もしかしたら12歳以下向けだからかも?


次は試合当日編に移ります。

カキカキ.....φ(ω )

345
これはS級エリートコーチであるYプロが
12歳以下の選手に向け、
一番聞きたい試合についての講義を
行った時の記録である。
14歳、16歳、18歳とカテゴリーが変われば
内容はもっとシビアになっていくのだろうが
いくつになっても
共通する部分はあると思うので
保存版として残しておきたいと思う。
カキカキ.....φ(๑╹ω╹๑ )


Yプロのお話はこちら↓


336
実は石田コーチお勧めの浅川コーチ(仮名)。
回転の速いレッスンに、
初級相手に自ら打ってくれる容赦の無いラリー。
夏場などはたった一時間半のレッスンで
脚が吊りそうになるくらい充実した
レッスンをしてくださるベテランコーチである。
母はフリスビー犬のごとく(気持ちは)
ガチでやりたいタイプなので
このレッスンはまさにビンゴだったのだが
友人達はハードすぎて無理!と避けたほどである。笑
もっと昔はジュニアを担当していたそうで
 今では穏やかを絵に描いたような人で想像もつかないが
当時は怖いコーチだったとか、なかったとか。

そしてこのコーチ
実は、ずうがジュニアプレイヤーズ(JP)の
プレ的存在「キッズプレイヤーズ」在籍中に
週一回、半年ほどお世話になっていたので
ずうの事はよく知っているのである。

そんなベテランコーチが
ずうを気にかけてくださるなら…
更には
あのYプロが正式にコーチ陣に加わるというのなら
またずうのモチベーションアップに繋がる
何かが期待できるかもしれない。

…なにやら良い流れが来てるのだろうか?
とりあえず焦って移籍する必要はないと踏んだ。
トリマ(ノ)・ω・(ヾ)ヨウスミ


Yプロのお話はこちら↓



実はこの時、石田コーチは
母に合うのではと浅川コーチを勧めてくれていました↓

このページのトップヘ