テニ厨

まったくのテニス無知な親が ウィンブルドンを夢見る我が子を ふわっと見つめる ゆるゆる育児日記

ジュニアプレイヤーズ時代〈8歳〉

まったくのテニス無知な親が
ウィンブルドンを夢見る我が子を
ふわっと見つめる
ゆるゆる育児日記

I`m Proud 〜壊れそうで崩れそな情熱をつなぎとめるモノ〜【テニ厨/Game.103】

103
見るからにテニス経験者な
親御さんも多く、
日々ずうが片手である事の不安と
葛藤の中にいる母としては
こういった評価は単純に嬉しいし
少し安心できるのだ。
 
プロの世界でも両手主流の中、
シングルバックハンドの若手が
次々と出て来ている事で
ずう的には
「片手バックは強いんだ!!(☆ω☆)キラーン」
と勇気づけられる材料となり、
カナリのモチベアップに
つながっている。( ´艸`)

世界水準のものさし 〜夢と現実が交差するところ〜〈後編〉【テニ厨/Game.102】

102
世界と戦っていた人なのだから
Tコーチにとっては当たり前の話を
しているだけなのだろうけど、
正直、ずうが世界の超一流選手と
渡り合う話をされても全くピンと来ない。
でも初めて会ったこんなチビ相手でも
目指す先を考え、真面目に話をして
くれるとは本当に感謝の念に堪えない。
…そして、あまりにも
当たり前の事のように話されるので
聞いているうちに、徐々に徐々に
世界というものが案外遠くないような
錯覚にとらわれてゆく自分が怖かった。
あっ、今は正気です。(・o・)ゞ笑

世界水準のものさし 〜夢と現実が交差するところ〜〈中編〉【テニ厨/Game.101】

101
元デビスカップ日本代表の監督さん。
言う事すべてがポジティブで
子供たちも自然と惹き付けられていく。
そんな方に手放しで褒められたら
ずうもさぞや自信がついた事だろう。
そして、スクールのコーチたちもそうだが
この世界を熟知している人がジュニアを見る時、
5年後、10年後を見据えて物事を考える。
目先のミスや負けを気にするのは
親だけなのかもしれない。(・ω・*)フム

ずうのサーブの秘密はこちら↓
http://www.zootennis.fun/archives/16027922.html 

世界水準のものさし 〜夢と現実が交差するところ〜〈前編〉【テニ厨/Game.100】

100
都道府県の位置関係すら怪しいくせに
過去行った事がありそうな地名なら
フツーに行ける範囲と思ってしまう。
そして乗り物に弱いずう。
改めて考えてみれば
無謀としか言いようがない。
反省…orz

舞い戻った天使☆.。.:*・〜Impressive reunion〜【テニ厨/Game.99】

099
ずうがスポンジボール時代に
お世話になった幸コーチ(仮名)。
レッドに進級した後は会う事もなく
「何処かへ行ったらしい」
と風の噂に聞いていた。
良いコーチだっただけに
残念に思っていたのだが
また再会でき、しかもJP担当とは!
そして
大勢いるレギュラークラスの中で
当時週一回・半年足らず
教えただけのずうを
覚えていてくれたなんて
まさにアメージングである
.+゚. (*´∀`*). +.

幸コーチ(仮名)についてはこちら↓ 

http://www.zootennis.fun/archives/12156529.html

http://www.zootennis.fun/archives/12200530.html
タグ絞り込み検索
  • ライブドアブログ