テニ厨

まったくのテニス無知な親が ウィンブルドンを夢見る我が子を ふわっと見つめる ゆるゆる育児日記

2019年11月

201
こんなにこわばった顔、初めて見た。
ヒューマノイド説のあるこのコーチも
どうやら人間だったようだ。(笑)
やはり国際大会でコーチングなど
そうそう経験できるものではないようで
おそらく自分の試合以上に
緊張を覚えたのではないだろうか?
とにかく選手の方にコーチの緊張が
伝わらない事を祈るばかりであった。
ヒヤ(・ω・`;)ヒヤ

A.I.コーチはこちら↓
 

200
ボールボーイ=球拾い。
確かにその通りではあるのだが、
『ボールボーイ体験ができます』
というような記載があれば
心臓にムダな負担を掛けずに済んだのに。笑
とはいえ、トップ選手のサーブや
ストローク、ボレー、スマッシュなど
一通り至近距離で観れた上に
ずうが担当した場所には
結構多くボールが飛んできたので
30分で10球以上は拾って渡す事ができ
ずうは大満足だった。
本番の試合では
ずうが着たのと同じ制服に身を包み
きちんと訓練された高校生くらいの子達が
しっかりとボールボーイをやっていた。

そして大坂なおみ選手と
サーシャ・バインコーチ(現在は契約解消)。
他に大坂選手のご両親などもおられ
まとめて背後に座られると
とにかく圧がスゴい。

諸々、こんなレアな体験ができるのも
ずうがテニスをやっているおかげである。
感謝しなくては…(*´-人).:。+゚

199
エスコートキッズは小1〜小3、
ボールボーイは小4〜小6の
テニス経験者16名という募集だった。
きっとしっかりした大きい子が
優先されるだろうと思っていたのに
小4のずうがやらせてもらえるとは!
しかしテニスのルールは知っていても
ボールを渡すタイミングや
ボールを拾ったらどこに走り抜けるかなど
多少なり訓練が必要だろうに
そんな気配は何もない。
あーーーもう、
ずうが何かやらかしたらどうしよ…。
(((;°×°;))))

前年の東レPPOはこちら↓

198
片道2時間を超える会場を外すと
出場できる試合数が限られてくる。
車の方が便利なことも多いけど
肝心な試合がこれじゃ
電車を使うしかないか…。
 ( ̄~ ̄;)ウーン

過去のリバース体験はこちら↓  

硝子の少年シリーズはこちら↓


 

このページのトップヘ