142
反対側の世界へ
迷い込んでしまったようである。
そう、いつもなら「あの子上手〜!!」
なんて呟いている側なのだ。 
オールラウンダーを目指すずう、
試合といえば色んな事をやってはミスる
おなじみのパターンなのだが
なぜか今日はそれがことごとく決まる。
ずうも途中から
「なんかボクイケてる!?(☆∀☆) キラーン」
と気付いた様子。
気持ちよくなると止まらないずうである。
<(_□_;)>