テニ厨

まったくのテニス無知な親が ウィンブルドンを夢見る我が子を ふわっと見つめる ゆるゆる育児日記

まったくのテニス無知な親が
ウィンブルドンを夢見る我が子を
ふわっと見つめる
ゆるゆる育児日記

実録!スカッとジャパン杯〈トーナメント戦/後編〉【テニ厨/Game.192】

192
学習の意味も含め、
基本セルフジャッジ推奨なのだが
さすがに決勝だし、
コーチも見かねたのかもしれない。
それはさておき
ずうが終始冷静にプレーしていた事が
母的には不思議でならなかったのだが
後で聞いたら
優勝を目指していた事以外に
JPとしての誇りや仲間の敵討ちなど
自分なりにいろいろ背負って
戦っていたようだ。
 …ふーん背負うモノがあれば
こんなに変われるんだ?ふーん。
。。。ふぅぅぅぅ〜ん( ´_ゝ`)笑

とりあえず
キウイカップはこれで卒業。
まだグリーンボールの大会はあるが、
公認大会のために
少しずつイエローボールに
スライドしていかねば…( 'ω' )و

実録!スカッとジャパン杯〈トーナメント戦/前編〉【テニ厨/Game.191】

191
6年生のジャッジはリーグ戦を終えた
時点で、子供達の間ではもちろん
保護者の間でも囁かれるほどに
なっていた。

そして嫌な予感は的中するもの。
リベンジに燃える6年生、
まず初戦よりもサーブが速い。
生意気なチビを倒す為に
色々と考えてきたのだろう。
ひるむな、ずう!みんな味方だぞ!
٩(๑òωó๑)۶

攻められないボールはこちら↓ 

実録!スカッとジャパン杯〈リーグ戦/後編〉【テニ厨/Game.190】

190
聞こえよがし?
我が子が2つも年下のチビに
負けてしまったのだから
心中穏やかでないのはお察しするが
がんばっている子供達の前で
大人としてどうなのだろう?
この時ずうが席を外していて
本当に良かった。
…この親の反応を見ていると
6年生の子も「勝ち」のために
いろいろと必死なのかもしれない。

この後はトーナメントだ(・ω・`;A

実録!スカッとジャパン杯〈リーグ戦/中編〉【テニ厨/Game.189】

189
なぜにやり直し?
サーブがネットに触れたわけでもないし
よそのボールが飛び込んできたわけでも
ずうが構えてないわけでもなかったが。
試合後ずうに聞いても
「どうしてかわからない」と。
納得せずにプレー再開してたんかい!笑

とはいえ初戦はエンジンが
かからない事も多いずう、
今日は最初から動きがシャープだ。
しかし試合は連続40-40の展開、
母のノミの心臓は悲鳴を上げている。
《(。=ωノ[壁]

実録!スカッとジャパン杯〈リーグ戦/前編〉【テニ厨/Game.188】

188
キウイカップの40-40といえば
あの記憶が蘇る母である。
ずうはなんともないのかなぁ?
…あー心臓に悪い《(。=ωノ[壁]
 
あの記憶はこちら↓
 
 
タグ絞り込み検索
  • ライブドアブログ