テニ厨

まったくのテニス無知な親が ウィンブルドンを夢見る我が子を ふわっと見つめる ゆるゆる育児日記

537
コロナ禍だった当時、
中体連等の試合は保護者による観戦を
全面的に禁止していた。

だが先生は保護者たちの気持ちを考え、
安全確保を第一条件とし
その他諸々の条件をクリアする場合のみ
秘密裏に許してくださった。
とはいえ先生自身、
バレたらただでは済まなかったであろう。

そして中学生くらいというのは大人の行動に
何かとツッコミを入れたい年頃である。
仰ることはごもっともだが
それより何より母は
ずうの気持ちが大切にしたかったので
観たいのは山々だったが
公に観戦OKとなるまで我慢すると決めた。
スリスリ(*´ω(´ω`*)))ギュ



どんな時もずっと「ママ見ててね」
だったから、母も必死でした笑↓

536
この年代あるあるかもしれないが
本当にイップスで苦しんでいる人が見たら
不愉快極まりないことであろう
orz


イップス (yips) は、主にスポーツの動作に支障をきたし、突如自分の思い通りのプレー(動き)ができなくなる症状のことである。野球やゴルフ、テニス、ダーツなどのスポーツに多く見られる。学術的には局所性ジストニア職業性ジストニア)と同義で考えられ、神経疾患に分類されている。脳の構造変化が原因といわれ、同じ動作を過剰に繰り返すことによって発症し得ることが明らかになっている。>ウィキペディア(Wikipedia)より



本当に怪我したお話はこちら↓

535
相手ペアは手の届くボールなら
躊躇なく前に出て叩いてきた。
ドライブボレーとかスマッシュとか
きっちり綺麗な形でなくても
とにかく積極的に前に出て叩きにくる、
まさにハエタタキという形容が
ピッタリだった。
こういう前衛は、テニス経験者とはいえ
まだダブルス慣れしていない
ずうたちにとって脅威である。
こういう相手とどんどん戦って
色々な事を吸収していってほしいものである。
(ง¯̆ ᵌ ¯̆)งᶠⁱᴳʰᵀᵎᵎ



この頃よりは全然成長しましたけどね。
超消極的なずうはこちら↓

534
コロナ禍、大会の多くが中止となり
ポイントが持ち越しとなっていたお陰で
公認大会をスキップしていたのに
ちゃっかり一回戦BYとなったずう。
本来ならランキングポイントなんか
とっくに0になっていて
1Rからシード選手と当たっていた
ことであろう。

さて、ダブルス。
今回ペアになってくれたN君も
小さい頃からのテニス経験者だが
やはりシングルスとダブルスは別物。
部活ではダブルス練習も
かなりやっているようだが
1年坊主と2、3年では
やはり場数が違うのである。
ガン(*゚Д゚)八(゚Д゚*)バレ-


公認大会をスキップしていた訳はこちら↓
昔からなぁんか褒められるずうのサーブ↓

533
レベルは違えど
ちゃんと「テニス」ができている
という意味であろう。
もっと子どもにもわかりやすく
言ってあげればいいのにと思うが、
パパ的にはこれが最高の言葉だから
しょうがない。笑

ずう、パパがひとつも
ダメ出しをしなかったところに気付け〜!!
( 」´O`)」



以前のパパの評価はこちら↓

このページのトップヘ